リニューアル

先週の日曜日、午前中家内を空港まで送って行った帰りに、KDM専用の足湯建設予定地視察のため、高森まで足を伸ばしてみました。予定地の敷地内には、先に立派なクリニックが建立されていました。借景となる後方の敷地には、栗の木に実がたわわに実り、栗拾いも楽しめる企画となっているようです。隣には、将来的にはプール付きの温泉施設にも展開可能な手つかずの広い物件もあり、完成が楽しみです!(文責:栃原)
a0266117_10503739.jpg
a0266117_10503111.jpg
a0266117_10494896.jpg

[PR]
# by kdm1982 | 2018-09-13 11:04 | その他

「自院のデータを数値化する意味」

a0266117_09061864.jpeg

a0266117_09062267.jpeg


a0266117_09062975.jpeg
a0266117_09054315.jpeg


a0266117_16473104.jpeg
a0266117_16472861.jpeg
a0266117_16472210.jpeg
a0266117_16471667.jpeg


演者:林 康博

座長:松田光正先生

発表:2018年9月7日(金)

Key word:症例の評価法、自院の平均値との比較、時間軸

要旨

 開業して今年の十二月で「三十六年」になります。その三十六年を振り返って思うことは、やはり「KDMに所属していて本当に良かった」と言うことであります。「これまで自分がどのような考え方、やり方をして臨床に取り組んできたのか?」、あるいは「それがどのような結果になったのか?」が、症例を見ていてすぐにわかるからです。

 ただ、もう一つ良かったのが、それをデータベースに保存したことであります。九月一日の段階で、経過を見ている症例が「1,294症例」ありますし、三十年以上経過を見ている症例が「152症例」、二十年以上のものが「449症例」あります。それらほとんどが初診時から「X線十枚法」がありますし、また、「口腔内写真」もほとんど揃っていますので、それをいつでも「症例」として発表することが出来ます。

 また、それらを集計して「数値化」し、そう多くはありませんが学会や講演会でそれを使ってこれまでお話してきました。また、自院の平均値が出ておりますので、それを使ってその患者さんの位置づけを見たりしております。

 「位置づけ」を見る一つのタイミングは「初診時」で、もう一つが「経過」であります。例えば初診時、「その患者さんが、平均に比べて多く歯を無くされているかどうか?」を見るだけでも、その患者さんを治療する際のかなり重要な情報となります。あるいは、治療が終わって二、三十年経ち、その間に無くされた歯の本数により、「自分がやってきたことが適切であったかどうか?」と言うことがすぐにわかります。そのように、自分がやった臨床の正否を判断する際、僕はいつも症例を「国の平均値」、「自院の平均値」に照らし合わせるようにしています。また、いつ歯を無くしたのか、その「時間軸」も非常に重要と考えています。

 もちろん、「歯の数」だけで症例の評価を出来るわけがありません。例えば、「すれ違い咬合」などは歯が無くなることはほとんど無く、「顎堤の状態」でしか見て行けないと思います。ただ、やはり一般的には「歯の数」で症例の良否を評価でき、もしそうでなかったら「何で評価するのか?」を教えて頂きたいと思っております。

 皆さんの発表を見ていていつも思うのですが、その両者が自分にはなかなか即座に判断出来ません。家に帰ってその結果を数値化してみて初めて、その先生の治療が良かったのか、あるいは悪かったのかわかる様な次第です。これまでそのようなことを何度か言ってきましたが、もう一度それをまとめて発表したいと思います。

 加えて、これまでのKDMでディスカッションした際、重要と思われる「自院の傾向」も提示したいと思います。




[PR]
# by kdm1982 | 2018-09-02 16:55 | 例会の連絡

なんかよう会 KDM若手会 合同例会 を終えて

84日(土)午後、85日(日)午前の2日間、金子先生をはじめなんかよう会の先生方を熊本にお招きし、合同例会を熊本県歯科医師会館にて行いました。

欠損歯列・欠損補綴、咬合誘導、自家歯牙移植、コンポジットレジン、インプラント周囲炎への対応等々、多岐にわたる分野のプレゼンテーションとディスカッションがありました。参加者の皆さまが時間を忘れて例会に参加し、充実した2日間だったと思います。

なんかよう会の先生方の発表、コメント、質問内容、全てが秀逸であり、若手会の皆が目指すべき姿を肌で感じました。

今回得られた経験を明日への糧とし、さらなる臨床の高みを目指して 会員一同研鑽を続けていきたいと思いました。

火曜会・なんかよう会の先生方、東京より遠路お越しくださり、ほんとうにありがとうございました。来年東京での合同例会を楽しみにしております!


a0266117_07115744.jpg


a0266117_07105695.jpeg


広報委員 澤幡 佳孝


[PR]
# by kdm1982 | 2018-08-06 21:52 | 会員の近況報告

天草新1号橋

KDM広報委員の小林です。

突然ですが、先週5月20日に天草新1号橋が開通となりました。
現在、天草からは熊本市内まで片道2〜2時間30分ほどかけてKDMに通学?していますが
今後、私の住んでいる天草下島までバイパスは伸びる予定のようです(かなり先の話ですが)。
開通距離もまだ短くあまり時間短縮の実感はないのですが2本の橋を並走するのはなんだか不思議な気分です。
今後も天草と熊本市内の距離が少しでも短縮されればと願っています。


a0266117_12595222.jpg
a0266117_11295902.jpg
a0266117_11300564.jpg

<
[PR]
# by kdm1982 | 2018-05-28 13:05 | その他

KDM若手会を考える会

KDM若手会の活動報告をさせて頂きます。

KDM若手会を考える会が、4月17日 熊本県歯科医師会館にて行われました。
今期の若手会は会員24名で、5人の執行部を中心に活動していきます。

会長である片山建一先生から 下記の説明がありました。
a0266117_14302879.jpeg

・2018年度会則
・スケジュール
・退会、休会者
・40周年記念、臨床研究テーマの共有
・一年間の反省

〜臨床研究テーマについて〜
若手会の全ての会員からテーマの案が出ました。
それぞれの臨床における疑問や課題を知ることができ、今後臨床を診ていく眼も広まったように思います。
とは言っても、やりたいことと、できることは異なり、様々な課題が残りました。
今後、臨床研究の経験豊富な、KDMベテランの先生方のご指導を頂きながら、進めていくこととなりそうです。

a0266117_14295074.jpeg

a0266117_14312255.jpeg


若手会も頑張っています。ブログを読んで頂き、若手会の活動に興味をもっていただけたら幸いです。

広報委員 坂口 賢


[PR]
# by kdm1982 | 2018-04-18 14:27 | 会員の近況報告